ようこそTrac Lightningの世界へようこそTrac Lightningの世界へ

上記メニューからTracのプロジェクトとSubversionのリポジトリへのアクセス、(Jenkinsをインストールしていれば)Jenkinsへのアクセス、Tracの全てのプロジェクトの横断検索ができます。

デフォルトではユーザ名admin、パスワードadminで管理者権限でログインできます。ユーザ名guest/パスワードguestでログインすると一般ユーザ権限でログインできます

Trac Lightningとは?

TracLightningはWiki、チケット管理、構成管理、継続的インテグレーション、ビルドシステムを総合的に組み合わせたプロジェクト管理ツールです。TracLightningは下記のような特徴があります。

セットアップが簡単

一般的にプロジェクト管理ツールをセットアップするのは手間が掛る作業ですが、TracLightningはWindowsのインストーラにより非常に簡単にプロジェクト管理環境を構築することができます。

標準となるツール群をプリセットアップ

多くの開発現場で利用されている下記の標準的な開発ツールをプリセットアップしています。ユーザはTracLightningをインストールさえすれば下記のツールを簡単に利用することができます。

  • Trac
  • Subversion
  • Maven
  • Jenkins

必要な機能から利用可能

TracLightningはプロジェクト管理を行うための様々機能を包括して提供します。機能が沢山あるため難しいと思われるかも知れませんが、必要な機能から使い始めることができます。例えば、Wikiを利用したい場合、TracLightningのWikiを利用すれば通常のWikiと変わらず利用できます。Subversionのサーバを構築したい場合は、Subversionの機能のみを利用している人も沢山います。

TracLightningを利用すれば、まずは1機能のみから使い始めて、徐々に管理対象を広げていくことができます。WikiにPukiwikiを利用した場合、バグ管理やバージョン管理はできませんし、Subversionサーバ単独で構築した場合でも将来的にWikiによる情報共有やチケットによるバグ管理、課題管理まで広げることができます。

アジャイルからウォータウォールまで多彩なプロセスに対応

TracLightningはツールを適用するプロセスを選びません。アジャイルからウォータフォールまで多彩な開発プロセスで利用できます。ワークフローや管理項目はあなたの開発プロセスに応じたカスタマイズが可能です。
(デフォルトの設定では、どちらかと言えばアジャイルプロセスに向いています)
開発以外でも、運用か営業のタスク管理にも利用することができます。

プロジェクトの見える化を促進

カスタマイズ可能なクエリーやレポート、ガントチャートやカレンダー、バーンダウンチャートなど、様々なビューであなたのプロジェクトの見える化を促進します。更に各ビューはカスタマイズ可能であなたのプロジェクトで見たいビューでプロジェクトの状態を見ることができます。
また、ガントチャートやカレンダーが必要なければ無効にすることも自由にできます。

多くの実績

多くの中小企業で標準のプロジェクト管理ツールとして既に採用され運用されています。また、大企業の一部でも利用されており、社内標準ツールとしての普及促進が進んでいます。

カスタマイズ可能なクエリーやレポート、ガントチャートやカレンダー、バーンダウンチャートなど、様々なビューであなたのプロジェクトの見える化を促進します。更に各ビューはカスタマイズ可能であなたのプロジェクトで見たいビューでプロジェクトの状態を見ることができます。
また、ガントチャートやカレンダーが必要なければ無効にすることも自由にできます。

オープンソースソフトウェア開発プロセスにより開発

TracLightningはオープンソースソフトウェアとして、ソースコードを公開して提供しています。そのため、誰でもTracLightningの開発に参加することができます。参加とは、開発のみならず機能の要望を上げたり開発版を試験しています。
多くのユーザがTracLightningをカスタマイズしたノウハウは、TracLightningにフィードバックされより良いソフトウェアに進化させます。

豊富な情報

TracLightningに関する情報は、Web上で簡単に手に入れることができます。

インストール

新規インストール

(240) 803-6609をクリックして実行するだけです。インストール終了後、
コンピュータを再起動してください。再起動後、プログラムメニューのTracから「サービスとして実行」もしくは、「コマンドプロンプトから実行」を選択すると、Apacheが起動します。
/localhost/にアクセスして動作を確認してください。

インストール時の注意として、IISやApache等のWebサーバが起動していないことを確認してください。起動している場合は、停止もしくはアンインストールしておいてください。Trac Lightningをインストールするとマシンを再起動するので再起動後自動的に起動しないようにしておく必要があります。また、PythonやSubversionを既にインストールされている場合、これらのアプリケーションの環境が変更されるので注意してください。
分からない場合は、PythonやSubversionをコントロールパネルのプログラムの追加と削除からアンインストールしておくことをお勧めしておきます。
(プログラムの追加と削除に表示されていない場合はアンインストールする必要はありません)。

バージョンアップ

新しいTrac Lightningをバージョンアップしてインストールするには、まず、古いTrac Lightningをバックアップしておきます。
インストーラの実行の途中の「Apacheのhttpd.confを上書きする」のチェックボックスを外してインストールします。
インストールが完了したら、Trac Lightningのインストールディレクトの下のprojects\tracの下の各プロジェクトに対して、次のようにしてアップグレードを実行します。

> trac-admin.bat C:\TracLight\projects\trac\SampleProject upgrade

利用方法

Trac/SVNのURL

2133120730にアクセスすると、利用可能なプロジェクト一覧が表示されます。各プロジェクトのSVNリポジトリは、
/<ホスト名>/svn/<プロジェクト名>/でアクセスすることができます。デフォルトでは、SampleProjectプロジェクトが作成されています。

ユーザアカウント

また、デフォルトのユーザアカウントとして、下記の3つが利用できます。

デフォルトのパスワードを変更するには、それぞれのユーザ名でTracにログインして、画面右上の「My Account」のリンクをクリックしてパスワードを変更します。
新しいアカウントを作成するには、adminでログインし、メニュの「Admin」から「Accounts/Users」を選択します。ユーザアカウントは全てのプロジェクトで共有されていますが、アクセス権は、各プロジェクト毎に設定することができます。必要に応じて権限の設定を行ってください。

TracとSubversionのアカウントは共通で、%TRAC_LIGHT_HOME%\projects\trac.htdigestファイルにhtdigest形式で格納されていますが、通常意識する必要はありません。

各種コマンド

Subversion、Tracの各種コマンドを利用したい場合は、プログラムメニューの「Trac」→「コマンドプロンプト」を実行し、表示されたコマンドプロンプトからコマンドを実行します。
Python、Subversion、Apacheの各コマンドとカスタムスクリプトを利用することができます。
カスタムスクリプトの説明を下に示します。

create-project.bat

プロジェクトを作成するコマンドです。引数にプロジェクト名を設定することで、SVNのリポジトリとTracのプロジェクトを作成します。
使用例を以下に示します。

> create-project.bat MyProject

tracのプロジェクトは、%TRAC_LIGHT_HOME%\projects\tracに、SVNのリポジトリは%TRAC_LIGHT_HOME%\projects\svnに作成されます。

Tracに表示されるタイトルを変更したい場合は、adminでTracにログインし、Adminメニューの「trac.ini/project」のnameの設定を変更します。

create-projectに下記のように引数をつけて実行すると、アジャイル開発向けのプロジェクトを作成することができます。

> create-project.bat /profile agile MyProject

trac-admnin.bat

trac-adminコマンドを実行するスクリプトです。利用方法はtrac-amdinと同じです。説明は省略します。

あとは、一般的なTracの記事を参照してください。

create-servercert.bat

SSLを利用するためのサーバ証明書を作成します。実行すると証明書の情報を聞いてくるので、適当に入力します。Common Nameだけはアクセスされるホストのホスト名にして下さい/<ホスト名>/でSSLでアクセス出きるようになります。Common Nameとホスト名が異なると、Subversionに正しくアクセスできないので注意してください。

証明書が作成できたら、http.confを次のように変更します。

#LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so
↓
LoadModule ssl_module modules/mod_ssl.so

設定が完了したら、Apacheを再起動します。プログラムメニューの「Trac」->「サービスのアンインストール」を選択後、「Trac」->「サービスのインストール」を選んでください。
コマンドプロンプトから起動している場合は、コマンドプロンプトを終了してもう一度立ち上げ直してください。

SVNリポジトリのアクセス権限の設定

SVNリポジトリのアクセス権の設定は、%TRAC_LIGHT_HOME%\projects\svnauthzで行うことができます。SVNの機能により、ユーザグループ毎に各リポジトリ、ディレクトのアクセス権を細かく設定することができます。

バックアップ

プログラムメニューの「Trac」→「バックアップ」を選択すると、TracとSVNリポジトリのバックアップを行うことができます。バックアップしたbackupディレクトリは他のマシンの共有フォルダにコピーしたり、メディアに書き込んだりしてマシンの故障に備えましょう。

Mavenの利用

リポジトリへのアップロード

Trac Lightningをインストールしたサーバ上で下記のように実行すると、サンプルプロジェクトで作成したライブラリをMavenのリポジトリへインストールすることができます。

> svn co /localhost/svn/SampleProject/LibraryProject/trunk
> cd trunk
> mvn deploy -Dtest=false

/localhost/maven/でリポジトリへアップロードされたファイルを確認することができます。

リポジトリの利用へのアップロード

サンプルWebProjectは、LibraryProjectで生成したライブラリをmavenリポジトリからダウンロードしてプロジェクトをビルドします。
サンプルWebProjectをビルドするには下記のようにします。

> svn co /localhost/svn/SampleProject/WebProject/trunk
> cd trunk
> mvn package

サンプルWebProjectはTrac Lightningをインストールした別のマシンからもビルドすることができます。
別のマシンからビルドするには、Mavenのリポジトリの設定を書き換える必要があります。
プロジェクトルートにあるpom.xmlの下記の部分を書き換えればOKです。

<!-- localhost をこのサーバのホスト名に置換 -->
<url>/localhost/maven/</url>

レポートの作成

次のようにすると、mavenのリポートが作成されます。

> svn co /localhost/svn/SampleProject/LibraryProject/trunk
> cd trunk
> mvn site-deploy

stanzaedにアクセスすると、レポートを閲覧することができます。

謝辞など

ライセンス上必要な謝辞などを記述します。

  • "This product includes software developed by the Neotonic Software Corporation. (/www.neotonic.com/)."
  • 本プロダクトに含まれるHud美さんは、torazuka氏が作成したものです。改変および再配布する場合にはCreative CommonsライセンスBY-SAに従ってください。